読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『討鬼伝』から『討鬼伝 極』へ 改善点 武器編

武器

共通

納刀モーションの追加

納刀状態の回避や抜刀攻撃などを追加し、納刀状態と抜刀状態の棲み分けを行った

太刀

影残心の追加

〇ボタン長押しで発動して、残心より気力消費が増加するが刀傷が深くなりやすい

真空斬の派生追加

真空斬から□ボタンによる追撃を追加した

※真空斬とは△長押しのその場で上から下に刀を振り下ろす技
 今まで追撃は△のみだった

速攻撃4、強攻撃3の攻撃力調整

速攻撃4及び強攻撃3の攻撃力を上昇させた

残心解放の攻撃力調整

残心解放時の攻撃力を上昇させた

鬼千切の攻撃方向超生

鬼千切の攻撃方向を横から斜めに変更し、より高い部位にあたりやすく調整した

(背の高い鬼が立ち上がった状態の頭部なんてまず太刀じゃ届きませんからね)

残心中の鬼千切の気力消費量調整

残心中、鬼千切を発動している間は気力を消費しない

(空スタで縮地一閃と闘志ついている状態で縮地→鬼千切りで気力全回復とか狙う時ギリギリすぎて失敗したこともあったし嬉しいですね)

残心中の翻身斬の気力消費量調整

残心中の翻身斬の気力消費量を低下させた

(これで連続で斬りまくれる!)

双刀

飛燕のバリエーション追加

飛燕を真下にも出せるようにした
空中状態で↓+△長押しで発動する

走りからの地襲連携

走りから地襲(地上△長押し)を発動できるようにした

疾駆からの地襲連携

疾駆(□+×)から地襲を発動できるようにした

鬼千切の挙動調整

鬼千切後の硬直時間を減らしてヒット後はすぐに動けるようにした

槍衾の派生追加

槍衾(□+×)成功時に□ボタンで烈塵突(□溜め)に派生するようにした
突き攻撃と同様に溜めに応じて烈塵突の攻撃回数が増える

槍衾の強化

1段階でも溜めればすべての突進を止められるようにした

手甲

赤熱打撃5の追加

赤熱打撃5を追加した
殴打攻撃4の後に△ボタンで発動する
殴打攻撃1~4が全て好連係だと、赤熱化の効果が上昇する

百裂拳の赤熱爆破の追加

百裂拳のフィニッシュを赤熱状態の部位に当てると爆発し、追加ダメージが発生するようにした

(これは自身の赤熱じゃないとだめなのか、他人のでもいいのか気になる)

好連係の調整

好連係の効果を攻撃力上昇に変更することにより、会心と効果を重ねることができるようにした

(これは会心がでなくなって攻撃力上昇ってになったってことでいいのかな、そして高会心武器を使って効果を重ねることができるとか、そういうこと?ややこしい)

鎖鎌

空中瞬迅印の追加

空中で瞬迅印の発動、瞬迅印解放を追加した

鬼千切の当たり判定調整

鬼千切の当たり判定を延長した

分銅攻撃の複数部位ヒット化

分銅攻撃が複数部位にあたるようにした

分銅射出の攻撃力調整

溜めによる攻撃力の上昇量を増加させた

瞬迅印中の鬼千切の気力消費調整

瞬迅印中、鬼千切を発動している間は気力を消費しないようにした

瞬迅印中の飛び退き打ちの気力消費調整

瞬迅印中の飛び退き打ちの気力消費量を通常時から一定量減らした値となるよう調整した

専心の追加

専心を追加した、〇ボタンで発動する
徐々に気力を消費し移動できなくなるが、攻撃速度が大幅に上昇し、溜め時間を大幅に短くする
専心中は、一矢射ち、番え射ち、印矢、のみ射ることができる

呪矢の凝視追加

呪矢構え中にRボタンを押すことで、注視範囲が狭まる代わりに一つの部位に注視できる上限がなくなる

番え足しの追加

番え射ち構え中および構え移動中に△ボタンを押すと、番え足すようにした

印矢の飛距離調整

印矢を上方向に射つことでより遠くへ飛ばせるようにした

抜刀時のダメージ調整

抜刀状態中は鬼から受けるダメージが増加するようにした

金砕棒

タマフリ構えによる剛腕状態の維持

タマフリ構え中は剛腕状態を維持できるようにした

発止の移動追加

発止の溜め中に移動が出来るようにした

発止の当たり判定、無敵時間の調整

発止が当たりやすくなるように当たり判定を調整

振り回し攻撃の当たり判定調整

振り回し攻撃を調整し、豪打が狙いやすくなるようにした

抜刀攻撃の速度調整

抜刀攻撃の攻撃速度を上昇させた

薙刀

タマフリ構えによる連舞状態の維持

タマフリ構え中は連舞状態を維持できるようにした

時限弾の公開

時限弾の情報を公開
時限弾は低速で進み、一定時間後に爆発し、霊脈へのダメージが高い性質を持っている
爆弾を打ち抜くと、爆弾が時限弾に変化し、爆弾を時限弾にぶつけると時限弾を強制的に爆発させることができる
霊脈射撃は、爆発までの時間が長くなるが、威力の髙い爆発を起こす

装填の操作調整

装填の操作方法を調整した
装填準備中、□、△、〇ボタンを押すごとに、それぞれに割り当てられた弾種を装填する
連打、長押しにより気力を消費する代わりに装填速度が上昇する

装填循環の追加

装填に循環を追加した
装填準備中にRボタンを押すことで、装填中の弾を順送りにする
例)『狙散貫貫散散』⇒『散貫貫散散狙散貫貫散散』


アクション要素の改善点